豊島株式會社

MATERIAL素材事業(原糸?原料?テキスタイル)

WHAT’S NEW

一覧で見る

長年かけて培った信頼を礎に、
さらに幅広く、さらに深く

豊島の素材事業イメージ01

原糸部門は豊島の祖業であり、明治初年にイギリス製の綿糸を輸入したことが、繊維業界をリードする商社として現在に至る歴史の始まりでした。長年かけて培った信頼のもと、現在では、綿糸?スフ糸、毛糸?化合繊糸など、數千種類に及ぶ「糸」を扱っており、仕入先についても、國內だけでなく、パキスタン?インド?インドネシアなど各國に広がっています。

また、紡績メーカー様と共同で、オリジナルの「糸」の開発にも積極的に取り組んでいます。これからもお取引先の皆さまとの相互信頼を大切にしながら、事業を発展させていきたいと考えています。

繊維原料を全世界から日本へ、
その流通量は國內トップクラス

豊島の素材事業イメージ02

素材部門では、綿花をはじめ、羊毛、化合繊素材などをアメリカ?ブラジル?オーストラリア?インド?中國などから輸入しています。とりわけ産地の天候が品質や価格に影響する綿花?羊毛などの天然繊維は、気象狀況までも含めて、世界中の動きを的確に把握することが求められます。我が社では、社會情勢やニーズの変化への素早い対応を心がけ、これらの原料を世界中にお屆けしています。

一世紀半の歴史を持つ豊島の素材部門。多くのお客様より信頼を得て、その取扱高は、伝統的に國內トップクラスのシェアを保ち続けています。

最終製品づくりを見據えた、
オリジナル素材を開発?提案

豊島の素材事業イメージ03

生機(きばた)をテキスタイルメーカーに販売するビジネス、そしてテキスタイルをアパレルメーカーに販売するビジネスの両方を展開。國內外のテキスタイルメーカー、アパレルメーカーと確かな信頼関係を築いています。

また、こうしたネットワークを生かし、最終製品づくりを見據えたオリジナル素材の開発?提案にも力を注いでいます。商社というポジションに立腳しながらも、消費者を意識し、潛在的なニーズを掘り起こすモノづくりに努めていくことが大切だと考えています。

素材部門を持つ強みを生かし、「綿から紡織、加工テキスタイルまで、トータルなビジネスを進めていく」など、今後も市場のニーズを先取りした開発を進め、事業規模の拡大に努めていきたいと考えています。

取扱分野

  • 綿糸
  • テンセル糸
  • 化合繊糸
  • 化合繊綿
  • ニット生地
  • 羊毛原料
  • 梳毛糸
  • 紡毛糸
  • 化合繊原料
  • 綿花
  • テキスタイル
  • ミューファン
<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>